乳首の黒ずみが”損”をするちょっと怖い3つの理由
老けて見える

【損をする理由その3 = 老けて見える】

老けて見えるとは、”年老いて見える”という意味です。
これが一番怖くて残酷です。

男性は若く健康な女性に性的興奮を覚えます。これは(DNAに刻まれている)生存競争を勝ち抜くための本能が生殖能力の高い女性を求めているからです。

「若=健康=生殖能力が高い」「老=不健康=生殖能力が低い」という公式です。

一般に女性は、年齢を重ねるごとに乳首の色が黒くなる傾向にあります。妊娠の際は授乳に備えてメラニン色素の分泌が活発になるし、そうでなくても経年に伴う女性ホルモンの影響を受け続けているからです。

このことは一般知識として理解しているつもりです。でも、なぜか「老いている...」という暗黙のメッセージがその黒から伝わってきてしまうのです。

そして”老い”のメッセージを受け取ると、”病”や”死”など様々なネガティブな意味が無意識化で瞬時に伝達し、途端に性的興奮が冷めてしまいます。その症状は、精神的要因による勃起障害である”心因性ED”にも似ています。

反対にピンク色の乳首だと”若く健康的な女性”を強く印象付けます。春に花咲く新芽の柔らかいサクラの花びらを連想させます。それは、未来.希望.そして可能性です。

もちろん、乳首の色の黒さと”実年齢”は直接関係ないことは頭ではわかっています。理解しています。でも実際の場面では「老けている...」と男性に伝わっているのが現実です。

以上3点が、
「乳首が黒いと損をするちょっと怖い3つの理由」
になります。

ちょっとここで、解決案に入る前に、
乳首の色について誤解をして欲しくないことに触れておきます。